小林陵、高梨らの日本4位 W杯ジャンプ混合団体

小林陵侑の飛躍=3日、ドイツ・ビリンゲン(ゲッティ=共同)
小林陵侑の飛躍=3日、ドイツ・ビリンゲン(ゲッティ=共同)
2023年02月04日
共同通信共同通信

 【ビリンゲン(ドイツ)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプは3日、ドイツのビリンゲンで混合団体第2戦(ヒルサイズ=HS147メートル)が行われ、伊藤有希(土屋ホーム)中村直幹(フライングラボラトリー)高梨沙羅(クラレ)小林陵侑(土屋ホーム)で臨んだ日本は合計375.8点で4位だった。強風のため競技は1回で打ち切りとなった。

 大荒れの試合をノルウェーが450.6点で制し、オーストリア、ドイツが続いた。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/