日産ルノー出資比率、月内合意か 仏紙報道、知財で協議進展

フランス自動車大手ルノーのロゴマーク=2022年10月、パリ(ロイター=共同)
フランス自動車大手ルノーのロゴマーク=2022年10月、パリ(ロイター=共同)
2023年01月12日
共同通信共同通信

 【パリ共同】11日付のフランス経済紙レゼコーは、同国自動車大手ルノーと日産自動車の出資比率見直し協議が進展し、月内にも合意を発表する可能性があると伝えた。資本協議と並行して交渉を進めているルノーの電気自動車(EV)新会社に関する知的財産の扱いでルノーが日産に譲歩したとしている。

 同紙によると、フランスのマクロン大統領はパリを訪れた岸田文雄首相との9日の首脳会談で、フランス政府が両社の出資比率見直しを支持すると伝えたとされる。フランス政府はルノーの筆頭株主となっている。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/