小林陵は10位、中村19位 W杯ジャンプ男子第5戦

W杯ジャンプ男子個人第5戦 10位だった小林陵侑=ティティゼーノイシュタット(共同)
W杯ジャンプ男子個人第5戦 10位だった小林陵侑=ティティゼーノイシュタット(共同)
2022年12月09日
共同通信共同通信

 【ティティゼーノイシュタット(ドイツ)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は9日、ドイツのティティゼーノイシュタットで個人第5戦(ヒルサイズ=HS142メートル)が行われ、北京冬季五輪王者の小林陵侑(土屋ホーム)は132メートル、131メートルの合計243.2点で10位だった。

 中村直幹(フライングラボラトリー)は19位。アンジェ・ラニシェク(スロベニア)が272.8点で今季2勝目、通算3勝目を挙げた。

 二階堂蓮(日本ビール)は45位、佐藤幸椰は46位、佐藤慧一は48位で2回目に進めなかった。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/