陽川は西武、オコエが巨人へ移籍 初の現役ドラフト、非公開で実施

阪神の陽川尚将内野手
阪神の陽川尚将内野手
2022年12月09日
共同通信共同通信

 プロ野球で出場機会に恵まれない選手の移籍を活性化させるために導入された現役ドラフトが9日、非公開で初めて実施された。全12球団で移籍が生じ、阪神の陽川尚将内野手が西武、楽天のオコエ瑠偉外野手は巨人への移籍が決まった。

 ソフトバンクの大竹耕太郎投手は阪神、中日の笠原祥太郎投手がDeNA、巨人の戸根千明投手が広島、ロッテの成田翔投手がヤクルト、ヤクルトの渡辺大樹外野手がオリックス、日本ハムの古川侑利投手がソフトバンク、広島の正随優弥外野手が楽天、オリックスの大下誠一郎内野手がロッテ、西武の松岡洸希投手が日本ハム、DeNAの細川成也外野手が中日へ移籍する。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/