MSのゲーム大手買収で提訴 米当局、競争を阻害

米マイクロソフトとアクティビジョン・ブリザードのロゴ=1月(ロイター=共同)
米マイクロソフトとアクティビジョン・ブリザードのロゴ=1月(ロイター=共同)
2022年12月09日
共同通信共同通信

 【ニューヨーク共同】米連邦取引委員会(FTC)は8日、マイクロソフト(MS)によるゲーム大手アクティビジョン・ブリザードの買収が独占禁止法(反トラスト法)に抵触するとし、差し止めを求めて提訴した。買収額は687億ドル(約9兆4千億円)で、MSにとって過去最大規模となる予定だった。

 FTCは、ゲーム機「Xbox(エックスボックス)」シリーズを展開するMSがアクティビジョンを買収すれば競合機へのゲームソフトの供給が滞り、競争が阻害されると指摘した。

 MSのブラッド・スミス社長は「法廷で判断してもらう機会を歓迎する」とのコメントを発表し、争う姿勢を示した。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/