NY株続伸、183ドル高 反動買いが優勢

2022年12月09日
共同通信共同通信

 【ニューヨーク共同】8日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続伸し、前日比183.56ドル高の3万3781.48ドルで取引を終えた。米連邦準備制度理事会(FRB)の金融引き締め長期化への警戒感から足元の相場が下がっていた反動で、買い注文が優勢となった。

 ただ、金融政策を決める連邦公開市場委員会(FOMC)が今月13、14日に開かれるのを前に様子見ムードもあり、値動きは限られた。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は反発し、123.45ポイント高の1万1082.00。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/