マスク氏、前大統領批判 選挙不正で憲法停止主張

米ツイッターのイーロン・マスクCEO(ゲッティ=共同)
米ツイッターのイーロン・マスクCEO(ゲッティ=共同)
2022年12月06日
共同通信共同通信

 【ワシントン共同】米ツイッターのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は5日までに、共和党のトランプ前大統領が2020年大統領選で不正があったと根拠なく主張し憲法停止を訴えたことを受け「憲法はどの大統領よりも偉大だ」とツイッターに投稿し、名指しを避けながらトランプ氏を批判した。

 保守派に影響力があるマスク氏は24年大統領選を巡り、共和党の若手ホープ、南部フロリダ州のデサンティス知事への支持を表明し、トランプ氏とは距離を置いている。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/