マウナロア火山が噴火 ハワイ島、84年以来

噴火する米ハワイのマウナロア火山=28日(米地質調査所ハワイ火山観測所提供・AP=共同)
噴火する米ハワイのマウナロア火山=28日(米地質調査所ハワイ火山観測所提供・AP=共同)
2022年11月28日
共同通信共同通信

 【ホノルル共同】米メディアによると、世界最大の活火山として知られる米ハワイ島のマウナロア火山で27日夜、噴火があった。周辺で降灰が確認され、当局は住民に警戒を呼びかけている。溶岩は山頂付近にとどまっているといい、人的被害は報告されていない。

 噴火は1984年以来。最近地震活動が活発化していたため、専門家らは監視を強化していた。気象当局によると、一部地域では最大で約0.6センチの灰が積もる可能性がある。

 ハワイ島では2018年、キラウエア火山の噴火で住宅数百戸が破壊されるなどの被害が出た。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/