中国抗議行動、全土に拡大 「ゼロコロナ」我慢限界

北京市内で中国の「ゼロコロナ」政策に反対し、当局への抗議を意味する白い紙を手にする人たち=27日(ロイター=共同)
北京市内で中国の「ゼロコロナ」政策に反対し、当局への抗議を意味する白い紙を手にする人たち=27日(ロイター=共同)
2022年11月28日
共同通信共同通信

 【北京、上海共同】中国で28日までに、新型コロナウイルス対策として厳しい行動制限を強いる「ゼロコロナ」政策に抗議する行動が全国各地に拡大した。国民は共産党の厳しい統制下にあるが、我慢が限界に達しつつある。一方で感染者数は最多記録を連日更新。習近平指導部は感染とデモの抑え込みという二正面作戦を迫られ、対応に苦慮しているとみられる。

 インターネット上の情報によると、全国で31ある省・自治区・直轄市のうち北京などほぼ半数で、落書きを含む何らかの抗議行動が起きたとみられる。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/