北京で異例の抗議活動 「独裁不要」習氏批判も

北京市中心部で中国の「ゼロコロナ」政策に反対し、当局への抗議を意味する白い紙を掲げる人たち=27日(共同)
北京市中心部で中国の「ゼロコロナ」政策に反対し、当局への抗議を意味する白い紙を掲げる人たち=27日(共同)
2022年11月28日
共同通信共同通信

 【北京共同】北京市中心部で27日夜から28日未明にかけ、新型コロナウイルス対策として厳しい行動制限を強いる中国の「ゼロコロナ」政策に反対する千人近い規模の抗議活動が起きた。「個人独裁は要らない」と習近平国家主席を批判する声も噴出。2012年の習指導部発足以降、首都での本格的な政府批判行動は初めて。

 北京で抗議活動があったのは日本など各国大使館が集中する朝陽区の繁華街。広場に27日、新疆ウイグル自治区で起きた火災の犠牲者を悼む献花台が設けられ、市民が集結。火災では防疫対策による封鎖で救助が遅れたとされ市民らは「自由がほしい」などとシュプレヒコールを上げた。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/