ジャワ島地震で死者310人 363校被災、各地で追悼

2022年11月25日
共同通信共同通信

 【ジャカルタ共同】インドネシア・ジャワ島西ジャワ州で発生した地震で国家災害対策庁は25日、死者数が310人に上り、363の学校が被災したと発表した。行方不明者は24人。同州チアンジュール県の被災したモスク(イスラム教礼拝所)など各地で人々が死者を追悼した。

 対策庁によると、これまでに110カ所に避難施設を設置。少なくとも妊婦650人を含む16万人以上が避難生活を送っている。この日の捜索で17人の遺体が発見された。

 地元メディアによると、土砂崩れに巻き込まれた学校のバスから子ども1人、教員ら7人が遺体となって発見された。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/