ウェールズ0―2イラン イラン、数的優位生かす

ウェールズ―イラン 試合終了間際、先制ゴールを決めるイランのチェシュミ(左)=アルラヤン(共同)
ウェールズ―イラン 試合終了間際、先制ゴールを決めるイランのチェシュミ(左)=アルラヤン(共同)
2022年11月25日
共同通信共同通信

 イランが試合終了間際に数的優位を生かし、立て続けに得点した。再三の好機を逃していたが、後半ロスタイムに相手のクリアボールを拾った途中出場のチェシュミがゴール右隅に蹴り込み、さらにレザイアンが追加点を挙げた。

 ウェールズは単調な攻撃で迫力を欠き、後半41分にGKヘネシーが一発退場となったことが響いた。(共同)

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/