年明け再開、来月に可否を判断 旅行支援、コロナで遅れも

2022年11月25日
共同通信共同通信

 観光庁は25日、全国旅行支援を年明け以降も継続する方針を明らかにした。ただ、新型コロナウイルス感染「第8波」の状況を慎重に見極めるとしており、年末年始での休止を挟んだ再開可否は来月示す方向だ。感染が猛威を振るえば再開が遅れる可能性も示唆した。担当者は「発表はなるべく早くしたい」と述べ、事業者や自治体への周知を重視する考えを示した。

 支援事業は10月11日にスタートしたが、開始の発表は3週間を切った9月22日だった。現状では感染者の増加は緩やかとの認識を示したが、感染状況の予測は難しく、判断の妥当性が問われる。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/