赤木さんの妻、判決に肩落とす 「ばっさり切られ残念」

大阪地裁の判決後に取材に応じ、赤木俊夫さんが生前身に着けていたマフラーに触れる妻雅子さん=25日午後、大阪市
大阪地裁の判決後に取材に応じ、赤木俊夫さんが生前身に着けていたマフラーに触れる妻雅子さん=25日午後、大阪市
2022年11月25日
共同通信共同通信

 「大事にしてくれた夫にお返ししたい」。近畿財務局の元職員赤木俊夫さん=当時(54)=の妻雅子さん(51)はその一心で裁判と向き合ってきた。夫の死を招いた張本人だとして追及してきた佐川宣寿元国税庁長官の責任。25日の大阪地裁判決は法律論に終始し「責任を負わない」と繰り返した。「こんなにばっさり切られるなんて残念でならない」。雅子さんは悔しさをあらわにした。

 改ざんを強制された苦悩をつづった夫の手記を携えた原告席の雅子さん。迎えた判決言い渡しで中尾彰裁判長は、淡々と公務員個人に賠償責任を問えないとする判決理由を朗読。拍子抜けする内容に思わず肩を落とした。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/