レジ袋有料化、行動変化58% マイバッグ持参、内閣府

レジ袋有料化を知らせるコンビニの張り紙=東京都港区
レジ袋有料化を知らせるコンビニの張り紙=東京都港区
2022年11月25日
共同通信共同通信

 内閣府は25日、レジ袋有料化や、プラスチックごみ削減を目的とした新法施行後、マイバッグ持参など行動を変えた人が58.8%だったとする世論調査の結果を発表した。施策を推進する環境省の担当者は「有料化や法施行が消費者の意識や行動の変化につながっている」と評価した。

 マイバッグ持参や、プラ製のスプーンやストロー辞退などを以前から行っていた人も19.3%いた。ただ「関心は高まったが、行動に変化はない」は16.2%、「関心は高まっておらず、行動に変化はない」も4.2%いた。

 調査は9~10月、全国の3千人を対象に郵送で行い、1791人が回答した。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/