報徳、東福岡がAシード 全国高校ラグビー大会

2022年11月25日
共同通信共同通信

 第102回全国高校ラグビー大会の実行委員会は25日、シードの13校を発表し、Aシードに今春の選抜大会を制した報徳学園(兵庫)、同決勝を新型コロナウイルスの影響で辞退し、準優勝だった東福岡の2校が選ばれた。

 Bシードには、大会2連覇を狙う東海大大阪仰星(大阪第3)のほか、国学院栃木、流通経大柏(千葉)東海大相模(神奈川)中部大春日丘(愛知)、京都成章、常翔学園(大阪第1)大阪桐蔭(大阪第2)天理(奈良)、佐賀工、長崎北陽台が入った。

 組み合わせ抽選会は12月3日に実施。同27日に大阪府東大阪市の花園ラグビー場で開幕し、決勝は来年1月7日に行われる。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/