「マスク着用見直し検討を」 国際会議で日本人だけと萩生田氏

講演する自民党の萩生田政調会長=23日午後、岐阜市
講演する自民党の萩生田政調会長=23日午後、岐阜市
2022年11月23日
共同通信共同通信

 自民党の萩生田光一政調会長は23日、新型コロナウイルス感染症対策を巡り、マスク着用を見直す必要があるとの認識を示した。岐阜市での講演で「国際会議でマスクをしているのは日本人だけだ。そのくらい世の中は変わってきた」と述べた。同時に「科学的知見に基づき、コロナとの対峙の仕方を考えなければいけない」と述べた。

 新型コロナ流行「第8波」への対応に関しては「今回は行動規制をかけず、ウィズコロナで乗り越えようと考えている」と強調した。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/