中国、4割の省で人口減 近く総数でも、中国紙

2022年11月21日
共同通信共同通信

 【北京共同】中国では2021年に31ある省・自治区・直轄市のうち約4割にあたる13で人口が減少し、総人口も近く減少に転じる可能性があると中国紙、第一財経(電子版)が21日までに報じた。

 中国で21年に生まれた子どもは1062万人で、人口千人当たりの出生数を示す出生率は7.52。出生率から死亡率を差し引いた「自然増加率」は0.34。人口増は48万人で近年では最も低い。

 人口が減少したのは黒竜江省などの東北部のほか、河北省、山西省、天津市、上海市、重慶市など。東北部では若者の省外への流出が多く、大都市では都市化が背景にある。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/