円急騰、一時138円台 2カ月ぶり、1日で7円上昇

一時1ドル=138円台と急騰した円相場を示すモニター=11日夜、東京・東新橋
一時1ドル=138円台と急騰した円相場を示すモニター=11日夜、東京・東新橋
2022年11月11日
共同通信共同通信

 11日のロンドン外国為替市場の円相場は対ドルで急騰し、一時1ドル=138円台と約2カ月ぶりの円高ドル安水準を更新した。10日からの1日で7円以上も円高が進んだ。米国の物価上昇が鈍ったことで、利上げペース減速の思惑が広がった。景気悪化懸念が後退し、東京株式市場の日経平均株価(225種)は大幅反発。約2カ月ぶりに2万8000円台を回復した。

 円相場は10月21日に一時1ドル=152円に迫って約32年ぶりの安値を更新してから、一転して約3週間で13円程度上昇した。為替相場の急激な変動は日本経済に混乱を招く恐れがある。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/