【速報】JASRAC「主張認められず残念」 音楽教室、著作権使用料訴訟

2022年10月24日
共同通信共同通信

音楽教室でのレッスン演奏に関し、日本音楽著作権協会(JASRAC)が著作権使用料を徴収できるかどうかを巡って争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第1小法廷(深山卓也(みやま・たくや)裁判長)は24日、生徒の演奏に対しては徴収できないとした二審の判断を支持し、JASRAC側の上告を棄却した。最高裁判決を受け、日本音楽著作権協会(JASRAC)側は24日の記者会見で「主張が認められず、誠に残念だ」と述べた。