東証終値190円高、4日続伸 ハイテク銘柄が相場けん引

東京証券取引所
東京証券取引所
2022年10月06日
共同通信共同通信

 6日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は続伸した。終値は前日比190円77銭高の2万7311円30銭。値上がりは4日連続。半導体などハイテク関連銘柄が買われ、相場をけん引。幅広い銘柄で買い注文が優勢だった。

 東証株価指数は9.55ポイント高の1922.47。出来高は約11億3900万株。

 前日の米ダウ工業株30種平均は、当面の利益を確定する売りに押されて3営業日ぶりに反落したが、米フィラデルフィア半導体指数は上昇した。

 6日の東京市場でもこの流れを引き継ぎ、朝方から東京エレクトロンやTDK、京セラなど半導体や電子部品の関連銘柄の値上がりが目立った。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/