習氏続投で圧力強化と分析 台湾の対中部門トップ

9月、「烈士記念日」の式典に臨む中国の習近平国家主席(手前)=北京の天安門広場(共同)
9月、「烈士記念日」の式典に臨む中国の習近平国家主席(手前)=北京の天安門広場(共同)
2022年10月06日
共同通信共同通信

 【台北共同】台湾で対中政策を主管する大陸委員会の邱太三主任委員は6日、立法院(国会)内政委員会で中国情勢について報告し、16日に開幕する第20回共産党大会で習近平総書記(国家主席)が続投を決めた後、中国は台湾に対し「独立反対と統一促進」の圧力を強化するとの見方を示した。台湾メディアが報じた。

 邱氏は、中国は台湾統一を目標に掲げて「台湾に対するどう喝や台湾社会の緊張をあおる『グレーゾーン作戦』、台湾と国際社会の協力に対する妨害」を既に行っていると指摘。習氏は続投後に自らが掲げる政治路線と体制を一層強固にして、台湾政策にも大きな影響を及ぼすとの分析を示した。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/