三重県議、国葬巡る投稿撤回 「誤りがあった」釈明

記者会見する小林貴虎三重県議=6日午前、県庁
記者会見する小林貴虎三重県議=6日午前、県庁
2022年10月06日
共同通信共同通信

 安倍晋三元首相の国葬に関し「反対のSNS(交流サイト)発信の8割が隣の大陸からだったという分析が出ている」とツイッターに投稿した三重県の小林貴虎県議(48)=自民=が6日、県庁で記者会見し、内容に「誤りがあった」として撤回したと明らかにした。

 小林氏によると、2日に名古屋市内であった非公開の講演内容を記したメモを基に投稿したが、他の参加者と照合したところ、内容に異なる点があったという。

 小林氏は4日、講演は自民党の高市早苗経済安全保障担当相が行ったものだと記者団に説明していたが、6日の会見では講演内容や詳しい撤回理由を明らかにしなかった。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/