ASEAN首脳会議不参加 ミャンマー国軍、反発か

2021年10月、オンラインで開かれたASEAN首脳会議。ミャンマー(下段右から2番目)の出席者は映っていない(タイ首相府提供・共同)
2021年10月、オンラインで開かれたASEAN首脳会議。ミャンマー(下段右から2番目)の出席者は映っていない(タイ首相府提供・共同)
2022年10月05日
共同通信共同通信

 【プノンペン共同】昨年2月のクーデターで実権を掌握したミャンマー国軍が、来月にカンボジアの首都プノンペンで開かれる東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議や一連の定例首脳会合に参加しない方針を示したことが5日、ASEAN外交筋への取材で分かった。

 外交筋によると、議長国のカンボジアが「非政治的な代表者」の派遣を求め、国軍側は反発した。国の代表者に当たらないと判断したとみられる。

 ASEANのミャンマー問題特使を務めるカンボジアのプラク・ソコン副首相兼外相は8月、人道状況の改善などに進展がない限り、国軍側が主要会議に出席するのは難しいとの考えを表明した。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/