全日本覇者笠原が左膝靱帯を負傷 世界体操女子代表「交代も」

オンラインで取材に応じる宮田笙子=5日
オンラインで取材に応じる宮田笙子=5日
2022年10月05日
共同通信共同通信

 日本体操協会の田中光女子強化本部長は5日、2024年パリ五輪の予選を兼ねる世界選手権(29日開幕・英リバプール)代表で4月の全日本選手権を制した笠原有彩(レジックスポーツ)が、今月2日の練習中に左膝靱帯を痛めたと明らかにした。今後、検査を受ける。チームは事前合宿に向けて15日に渡英する予定で「メンバー交代もあり得る」と話した。

 東京都内で強化合宿中の代表選手はこの日、オンライン取材に応じたが、笠原は欠席した。団体総合3位以内で五輪出場権を獲得する大会へ、田中氏は予選上位8チームによる決勝進出を目標に掲げた。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/