発見の遺体は7歳前後、溺死か 松戸市の不明女児と関連を捜査

遺体が見つかった千葉県市川市の江戸川の現場周辺=5日午後
遺体が見つかった千葉県市川市の江戸川の現場周辺=5日午後
2022年10月05日
共同通信共同通信

 千葉県警は5日、千葉県市川市の川で4日午後に見つかった子どもとみられる遺体を司法解剖した結果、7歳前後と推定され、溺死の可能性があると発表した。身長や服装が自宅を出たまま行方不明の松戸市の小学1年、南朝芽さん(7)の外出時の身なりと似ており、DNA型鑑定などで身元の特定を進める。また、県警は発見場所を江戸川から分岐する旧江戸川に訂正した。

 県警によると、遺体は身長約117センチで、目立った外傷はなく、死後1~2週間程度が経過していた。ノースリーブのTシャツと紺色の7分丈ズボン姿で、靴は履いていなかった。

 県警は5日も100人超の態勢で捜索を継続した。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/