日米豪、安保戦略共有へ 中国ミサイル発射を強く非難

日米豪の3カ国防衛相会談に臨む浜田防衛相。左はオースティン米国防長官、右はオーストラリアのマールス国防相=1日、米ハワイのインド太平洋軍司令部(共同)
日米豪の3カ国防衛相会談に臨む浜田防衛相。左はオースティン米国防長官、右はオーストラリアのマールス国防相=1日、米ハワイのインド太平洋軍司令部(共同)
2022年10月02日
共同通信共同通信

 【ホノルル共同】浜田防衛相は1日午前(日本時間2日未明)、米ハワイのインド太平洋軍司令部で米国、オーストラリアとの3カ国防衛相会談に臨んだ。3氏は中国の覇権主義的な行動を念頭に国際秩序を維持するため安全保障戦略を擦り合わせる方針で一致。中国が8月に台湾周辺の軍事演習で弾道ミサイルを発射し、日本の排他的経済水域内に撃ち込んだことを強く非難した。台湾海峡の平和と安定の重要性を改めて強調した。

 会談にはオースティン米国防長官、オーストラリアのマールス国防相も出席。3氏は自衛隊と米豪軍の相互運用性を向上させるため、共同訓練や情報交換、技術協力の強化に合意した。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/