元寇船のいかり引き揚げ、長崎 鷹島沖、学術調査では初

長崎県松浦市・鷹島沖で引き揚げられた元寇船の木製いかり=1日午後
長崎県松浦市・鷹島沖で引き揚げられた元寇船の木製いかり=1日午後
2022年10月01日
共同通信共同通信

 鎌倉時代、元寇船が襲来した長崎県松浦市・鷹島沖で1日、木製いかりが引き揚げられた。港の改修作業で見つかり引き揚げられたケースはあったが、学術調査では初めて。付近では2隻の沈没船が確認されており、研究者は船体の引き揚げにつなげたい考えだ。

 いかりは長さ約175センチ、幅約25センチで、一つの石材を使った一石型。2013年の調査中に水深約20メートル、11年に存在が確認された第1号の沈没船から約100メートルの場所で見つかり、銅製の網で海中保存されていた。

 引き揚げ後の保存方法が課題となっていたが、トレハロースの保存剤を使うことにした。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/