米8月物価、6.2%上昇 PCE、2カ月連続で縮小

2022年09月30日
共同通信共同通信

 【ワシントン共同】米商務省が30日発表した8月の個人消費支出(PCE)物価指数は前年同月より6.2%上がり、伸び率は2カ月連続で縮小した。7月(改定後)は6.4%上がっていた。ただ、上昇率は米連邦準備制度理事会(FRB)が目指す2%を引き続き大きく上回った。

 8月の前月比(季節調整済み)は0.3%上昇と2カ月ぶりのプラスとなり、食品が0.8%上昇した。原油価格高騰が一服したことでエネルギー価格は5.5%低下した。

 8月の個人所得・消費統計によると、変動の激しい食品とエネルギーを除いたPCEコア物価指数は前年同月より4.9%上がった。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/