グーグル、クラウドゲーム終了へ 「ユーザーの支持得られず」

米グーグルのクラウドゲームサービス「スタディア」で使うコントローラー(左端)=2019年5月、カリフォルニア州マウンテンビュー(共同)
米グーグルのクラウドゲームサービス「スタディア」で使うコントローラー(左端)=2019年5月、カリフォルニア州マウンテンビュー(共同)
2022年09月30日
共同通信共同通信

 米グーグルは29日、クラウド技術を活用し、専用機がなくてもテレビやパソコン、スマートフォンで本格的なゲームを楽しめるサービス「スタディア」を来年1月に終了すると発表した。2019年11月に欧米で始めたサービスで、日本では導入していなかった。

 グーグルは声明で「ゲームストリーミングを強力な技術基盤の上に構築したが、期待したほどユーザーの支持を得られなかった」と説明した。スタディア向けのコントローラーなど機器を購入したユーザーには全額返金するという。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/