米大リーグ、大谷が15勝目 八回2死まで無安打

アスレチックス戦に「3番・投手兼指名打者」で先発し、投球するエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
アスレチックス戦に「3番・投手兼指名打者」で先発し、投球するエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
2022年09月30日
共同通信共同通信

 【アナハイム共同】米大リーグは29日、各地で行われ、エンゼルスの大谷はアナハイムでのアスレチックス戦に「3番・投手兼指名打者」で先発し、8回2安打無失点で15勝目(8敗)を挙げた。八回2死まで無安打の快投で10三振を奪った。打者では4打数2安打としメジャー自己最長の14試合連続安打。チームは4―2で勝ち4連勝。

 産休制度「父親リスト」などから復帰したカブス鈴木はフィリーズ戦に「2番・右翼」で約2週間ぶりに出場、3打数2安打だった。チームは2―0で勝ち4連勝。

 菊池のブルージェイズは試合がなかったが、オリオールズの敗戦で2年ぶりのプレーオフ進出が決まった。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/