米南部ハリケーン15人死亡 大統領が大規模災害宣言

大型ハリケーン「イアン」の影響で被害を受けた家屋=29日、フロリダ州フォートマイヤーズ(AP=共同)
大型ハリケーン「イアン」の影響で被害を受けた家屋=29日、フロリダ州フォートマイヤーズ(AP=共同)
2022年09月30日
共同通信共同通信

 【ニューヨーク共同】米フロリダ州は29日、前日に上陸した大型ハリケーン「イアン」がもたらした洪水などにより、州内各地で深刻な被害が出ていると発表、米メディアによると、少なくとも15人が死亡した。バイデン大統領は死者が「かなりの数に上る恐れがある」と指摘、大規模災害に当たると宣言した。連邦政府による緊急支援が可能となる。

 相当数の家屋が倒壊し260万戸を超す家屋が停電した。州南西部フォートマイヤーズの市長は米テレビに「街が戦場のようになってしまった」と深刻さを語った。

 ディサンティス州知事は「500年に1度の災害」だとし「歴史的な被害」の可能性を指摘した。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/