JR磐越西線、来年春ごろ復旧 大雨で橋崩落、費用15億円

8月の大雨で崩れたJR磐越西線の、福島県喜多方市の濁川に架かる鉄橋=5日(JR東日本提供)
8月の大雨で崩れたJR磐越西線の、福島県喜多方市の濁川に架かる鉄橋=5日(JR東日本提供)
2022年09月29日
共同通信共同通信

 JR東日本仙台支社は29日、福島県喜多方市の濁川に架かる鉄橋が8月の大雨で崩れた磐越西線について、不通となっている喜多方―山都間9.9キロの復旧が来年春ごろになるとの見通しを発表した。今回の大雨では鉄橋崩落や盛り土流出などの被害が計12カ所で発生し、復旧費用は総額15億円を見込んでいる。

 仙台支社によると、鉄橋の復旧作業では、傾いた橋脚1基を撤去して交換し、橋桁は再利用する予定。福島駅で記者会見した同支社の永井康裕設備部長は「調査で得られた知見を参考に、より安全な構造になるよう復旧したい」と述べた。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/