4州ロシア編入条約、30日調印 プーチン氏、親ロ派代表と

赤の広場に設置された祝賀式典予定会場の舞台=29日、モスクワ(共同)
赤の広場に設置された祝賀式典予定会場の舞台=29日、モスクワ(共同)
2022年09月29日
共同通信共同通信

 ロシアのペスコフ大統領報道官は29日、ウクライナ東部のルガンスク、ドネツクと南部のザポロジエ、ヘルソンの計4州をロシアに編入する条約の調印式典が30日午後3時(日本時間同9時)にクレムリン(ロシア大統領府)で行われると明らかにした。プーチン大統領が式典で演説する。タス通信が報じた。4州での「住民投票」で編入を求める民意が示されたとの体裁だが、事実上の強制編入。

 2014年のクリミア半島強制編入に続き、国際社会の非難が強まるのは必至だ。

 4州の親ロ派が、ロシアに編入を要請した。ペスコフ氏によると、プーチン氏は4州の親ロ派代表と調印式に臨む予定。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/