バイデン氏、物忘れ進む? 死去した議員「どこだ」

28日、米ワシントンで演説するバイデン大統領(AP=共同)
28日、米ワシントンで演説するバイデン大統領(AP=共同)
2022年09月29日
共同通信共同通信

 【ワシントン共同】バイデン米大統領(79)が28日、首都ワシントンで開かれた飢餓の撲滅に向けた対策会議で演説した際、8月に死去した野党共和党のジャッキー・ワロースキ下院議員の名前を挙げ「どこにいる?」と呼びかけた。最高齢の現職大統領だけに物忘れが進んだとの臆測を呼んでいる。

 バイデン氏はこれまでも数々の失言を繰り返しており、11月に中間選挙が迫る中、共和党は高齢不安を格好の攻撃材料にするとみられる。

 壇上から演説したバイデン氏は「ジャッキー、ここにいるかな? まさか、いないなんて思わなかった」とこぼした。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/