通園バスに安全装置義務化を指示 緊急対策で小倉担当相

通園バスの女児置き去り死事件を受け、政府が開いた対策を検討する関係府省会議=29日午前、東京都千代田区
通園バスの女児置き去り死事件を受け、政府が開いた対策を検討する関係府省会議=29日午前、東京都千代田区
2022年09月29日
共同通信共同通信

 小倉将信こども政策担当相は29日、通園バスの女児置き去り死事件を受けた関係府省会議で、通園バスに職員が見落とさないようにするブザーなど安全装置の取り付けを義務化する方針を示した。全ての通園バスの改修費用を財政支援する具体策もまとめるよう指示した。10月中にも緊急対策を策定する。

 現場の安全管理マニュアルと安全装置の仕様に関する指針を作成する。

 29日の関係府省会議では、通園バスの指針を独自に策定している自治体や、送迎バスを所有している幼稚園の取り組みを聞いた。

 会議に出席した福岡県の担当者は、独自の指針を作成したことを説明した。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/