河川敷の水引き、捜索広げる 千葉・松戸の女児不明6日

江戸川河川敷で南朝芽さんの捜索にあたる千葉県警の捜査員=28日午前、千葉県流山市
江戸川河川敷で南朝芽さんの捜索にあたる千葉県警の捜査員=28日午前、千葉県流山市
2022年09月28日
共同通信共同通信

 千葉県松戸市の小学1年南朝芽さん(7)が自宅を出たまま行方不明になり6日目となった28日、県警は約120人態勢で靴や靴下が見つかった江戸川河川敷の周辺を集中的に捜索した。南さんが外出した23日は夜から大雨が降り、河川敷の一部が浸水したが、ここ数日は水が引いたため範囲を広げ調べている。午前10時ごろから、捜査員らが草むらや川岸を見て回った。

 国土交通省江戸川河川事務所などによると、流山市では23日夜から雨が降り、24日未明には大雨警報が出た。川の水位は普段は2m台だったが、河川敷で靴が発見された24日午前10時ごろに約3mとなり、その後約4.7mに達した。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/