北朝鮮、また短距離弾道ミサイル 2発発射、米韓軍事演習に反発か

北朝鮮・順安、平壌と日本の排他的経済水域(EEZ)
北朝鮮・順安、平壌と日本の排他的経済水域(EEZ)
2022年09月28日
共同通信共同通信

 【ソウル共同】韓国軍合同参謀本部は、北朝鮮が28日午後6時10~20分(日本時間同)ごろ、首都平壌付近から日本海へ短距離弾道ミサイル2発を発射したと明らかにした。25日に短距離弾道ミサイルを発射したばかり。米韓は日本海で約5年ぶりとなる大規模な合同軍事演習を実施中で、反発した可能性がある。29日にはハリス米副大統領が訪韓予定で、米韓両国がさらなる挑発を警戒している。

 北朝鮮によるミサイル発射は、巡航ミサイルを含めると今年20回目。

 日本政府関係者によると、日本の排他的経済水域(EEZ)外に落下したとみられ、被害の情報はない。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/