帝劇が2025年休館、建て替え 出光美術館などと一体開発へ

東京都千代田区の「帝国劇場」
東京都千代田区の「帝国劇場」
2022年09月27日
共同通信共同通信

 東宝は27日、日本を代表する観劇ホール「帝国劇場」や出光美術館が入った東京都千代田区の複数のビルを一体的に建て替え、再開発を行うと発表した。帝劇は2025年で一時休館し、再開の時期は未定。新劇場などの概要は決まり次第、発表するとしている。

 千代田区丸の内3丁目の「帝劇ビル」(東宝と出光美術館が所有)と、「国際ビル」(三菱地所などが所有)を共同で建て替える。再開発後のビルで帝劇と同美術館を再開する予定。

 帝劇は1911年、日本初の本格的な西洋式大劇場として誕生。64年に閉館し、66年にオープンした二代目の劇場は演劇・ミュージカルの聖地として親しまれてきた。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/