NY株5日続落329ドル安 1年10カ月ぶり安値

ニューヨーク・ウォール街にある標識(AP=共同)
ニューヨーク・ウォール街にある標識(AP=共同)
2022年09月27日
共同通信共同通信

 【ニューヨーク共同】週明け26日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は5営業日続落し、前週末比329.60ドル安の2万9260.81ドルで取引を終えた。終値として2020年11月以来、約1年10カ月ぶりの安値。世界的な金融引き締めによる景気後退への懸念が高まり、売り注文が優勢となった。

 米連邦準備制度理事会(FRB)が大幅な利上げを続ける方針を先週示したのをきっかけに、投資家の警戒感が続いている。今年1月4日に付けた直近の最高値からの下落率が20%を超え、「弱気相場」と呼ばれる調整局面入りが鮮明になった。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/