ロシア極東で日本領事を拘束 「スパイ活動」動画、不当と抗議

ロシア・ウラジオストク、日本
ロシア・ウラジオストク、日本
2022年09月27日
共同通信共同通信

 ロシア連邦保安局(FSB)は26日、金銭提供の見返りに配布を制限された情報を取得してスパイ活動に及んだとして、極東ウラジオストクの日本総領事館の領事を拘束したと発表した。ロシア外務省は同日、在ロシア日本大使館の公使参事官を召喚。「ペルソナ・ノン・グラータ(好ましからざる人物)」と宣告し、48時間以内に領事を退去させるよう通告した。日本側は不当として抗議した。

 ロシア通信は、領事が飲食店とみられる場所で文書を受け取る場面や、FSBの調べに法律違反を認める様子の動画も公開した。ロシアで日本の外交官がペルソナ・ノン・グラータと認定され退去を通告されるのは異例。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/