メニュー 閉じる メニュー
全国

全国

NHK受信料は「合憲」 最高裁大法廷が初判断

2017.12.6 20:39 共同通信

NHKの受信料制度が「契約の自由」を保障する憲法に違反するかどうかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は6日、合憲と初判断した。テレビがあれば受信契約を結び、受信料を支払う法的義務があると指摘。テレビを設置した時点にさかのぼり負担する義務があるとした。NHKの収入の9割以上を占める受信料の徴収業務に影響を与えそうだ。