コロナ感染者の病理解剖施設4% 「第3波」時点、全国調査

新型コロナウイルス感染者遺体の病理解剖不実施の主な理由
新型コロナウイルス感染者遺体の病理解剖不実施の主な理由
2022年09月25日
共同通信共同通信

 病死者の死因究明などのための病理解剖を実施する全国の医療機関に、新型コロナウイルス流行「第3波」時点での解剖状況を聞いたアンケートで、回答した227施設中、コロナ感染者の遺体を解剖した施設は10施設(4.4%)だったことが25日、分かった。

 調査結果をまとめた研究グループの斉藤久子・千葉大法医学教室准教授は「あまりに少ない数字で、海外と比べても見劣りする。状況はその後も大きくは変わっていないだろう」と指摘。感染防御体制や設備の不足が背景にあるとみられ「今後の新興感染症対策のためにも、予算や人員を手当てして環境改善を図るべきだ」としている。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/