米で強制収容12万人の氏名記録 日系人「慰霊帳」が完成

完成した「慰霊帳」で名前を確かめる男性ら=24日、米ロサンゼルス(共同)
完成した「慰霊帳」で名前を確かめる男性ら=24日、米ロサンゼルス(共同)
2022年09月25日
共同通信共同通信

 【ロサンゼルス共同】第2次大戦中、米国で強制収容された日系人12万人超の名前を初めて記録した「慰霊帳」が完成し、ロサンゼルスの全米日系人博物館で24日、記念セレモニーが開かれた。日系人強制収容につながった1942年の大統領令署名から今年で80年を迎えており、収容された経験を持つ日系人や家族、宗教関係者ら約200人が参加した。

 南カリフォルニア大のダンカン・隆賢・ウィリアムズ教授(53)が中心となり作成した。ウィリアムズ教授は「強制収容で、実際に人々が家や教育機会を失い、人生を妨げられた。一人一人の名前を正確に記録することは重要だ」と意義を強調した。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/