日本、五輪王者のフランスに惜敗 バレー男子世界選手権

フランス戦でスパイクを放つ石川=リュブリャナ(共同)
フランス戦でスパイクを放つ石川=リュブリャナ(共同)
2022年09月06日
共同通信共同通信

 【リュブリャナ共同】バレーボールの男子世界選手権は5日、スロベニアのリュブリャナで16チームによる決勝トーナメント1回戦が行われ、日本は東京五輪王者のフランスに2―3で敗れ、16年ぶりの8強入りを逃した。

 第1セットを奪われた日本は第2セット、西田(ジェイテクト)が強打を効果的に決めて25―21で取り返した。第3セットを失った後の第4セットは石川(ミラノ)が要所で得点を重ねて25―22で奪った。第5セットはジュースの末に16―18で落とした。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/