ルペン氏、ロシアと歩み寄り主張 NATO巡り

13日、パリで記者会見する国民連合(RN)のルペン氏(AP=共同)
13日、パリで記者会見する国民連合(RN)のルペン氏(AP=共同)
2022年04月14日
共同通信共同通信

 【パリ共同】フランス大統領選で24日の決選投票に進出した極右政党、国民連合(RN)のルペン氏は13日、パリで外交政策について記者会見した。当選の際には北大西洋条約機構(NATO)の統合軍事機構から脱退する方針を改めて表明。ロシアのウクライナ侵攻が和平で解決すれば「NATOとロシアの歩み寄りに賛成だ」と述べた。

 ルペン氏はウクライナ侵攻を非難しているものの、以前から親ロシアの立場を取る。東欧・バルト諸国がロシアへの警戒感を一層強める中、今回の発言は他のNATO加盟国の不安や疑念を深める可能性がある。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/