トヨタグループ、支援の輪 ウクライナへ寄付続々

2022年03月16日
共同通信共同通信

 ウクライナ情勢の悪化で避難する人などを支えるため、トヨタ自動車グループ各社が続々と寄付や人道支援へ動きだしている。「困難な状況にある多くの方々の安全と、一刻も早い事態の収束を願う」との思いで支援の輪が広がる。

 豊田自動織機は総額60万ユーロ(約7800万円)を寄付すると発表。本社から国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)などに10万ユーロを、欧州のフォークリフト事業の拠点が国際赤十字に50万ユーロを寄付する。

 デンソーはグループ企業で働くウクライナ人従業員や、その家族に避難場所や雇用機会を提供。UNHCRなどに対し、総額60万ユーロの寄付も決めた。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/