メニュー 閉じる メニュー
全国

全国

旧優生保護法、違憲判断4例目 神戸地裁判決、賠償請求は棄却

2021.8.3 18:46 共同通信
旧優生保護法下の強制不妊手術を巡る訴訟の判決で「不当判決」と書かれた紙を掲げる原告側弁護士=3日午後、神戸地裁前

旧優生保護法下の強制不妊手術を巡る訴訟の判決で「不当判決」と書かれた紙を掲げる原告側弁護士=3日午後、神戸地裁前

 旧優生保護法の下で不妊手術を強いられたのは違憲だとして、兵庫県内の聴覚障害者ら5人が国に計5500万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で神戸地裁(小池明善裁判長)は3日、旧法は違憲と判断。同種訴訟での ...

関連記事 一覧へ