メニュー 閉じる メニュー
全国

全国

カメ化石は新種、岩手 9千万年前の東北、熱帯か

2021.4.23 19:18 共同通信
「アドクス・コハク」と命名された新種のカメについて発表する早稲田大の平山廉教授=23日午前、盛岡市

「アドクス・コハク」と命名された新種のカメについて発表する早稲田大の平山廉教授=23日午前、盛岡市

 岩手県久慈市の久慈琥珀博物館は23日、2008年に同市の約9千万年前の地層から見つかったカメの一種「アドクス」の化石が新種と分かったと発表した。甲羅の長さが約50センチと大きく、全長約70センチと ...

関連記事 一覧へ