メニュー 閉じる メニュー
全国

全国

近接感染、飛沫が6~8割 マスクやシールド、効果大

2021.1.21 19:11 共同通信
新型コロナウイルスの重症患者に対応する看護師=2020年12月、大阪府大阪狭山市の近畿大病院(同病院提供)

新型コロナウイルスの重症患者に対応する看護師=2020年12月、大阪府大阪狭山市の近畿大病院(同病院提供)

 新型コロナウイルス患者と医師や看護師が近い距離で接する病室では、患者のせきや会話で出るしぶきが目や鼻の粘膜に付く「飛沫感染」が感染経路の60~86%を占めるとのシミュレーション結果を、近畿大の東賢 ...

関連記事 一覧へ